2010.02.09

HYBRID W-ZERO3 設定メモ

とりあえず環境設定完了という感じなのでどういう設定かをメモしておきます。

ボタン:画面回転キー長押しにキーロック、←キー長押しにIdeaTree for CE

WILLCOM-UI:切らずにXcrawl Launcher2で使用。上キー押して機能選べるので結構使える。しかもメニューにはアプリも登録できるのでIdeaTree for CESelfManager CE、それに最近使用頻度が多いMemora、あとBluetoothでの同期用にActiveSyncをメニュー登録。

ブラウザ:Opera Mobile8.7を入れる。ただしブックマークはアドエスの時と同じくIdeaTree for CEのリンクファイルを使う。スタートメニューもしくはXcrawlからIdeaTree起動し、ツリー選択・Enter押せばOpera起動し接続・表示。別のブックマークを開きたいときには←でIdeaTreeに戻って、選択しEnter。後でブラウザ変えてもブックマークは変えなくていいし、パソコン上でIdeaTreeファイルを自由に編集できるので便利。メールもWebメールですませている。

その他のアプリ:当然ディクレのソフトは全部入れているけど、あとはGoogle Map、My Mobiler、TRE、それと一応gesture10keyも入れてみた。

その他の設定:キーロック解除はどこでもできるように(こちらを参考にして)。あと、通信はPHSオンリーに設定。接続はアドエスよりかなり早いです。それとモーションセンサーは当然オフ。

やっぱりアドエスよりいいのは接続が早いところとGPS・Bluetoothがあるところ、それと画面が広いのが思ったより快適。それとActiveSyncは今回ソフトはついてこないのでインストールするか、アドエスのときの環境があれば、そのままUSB接続しても問題なく同期。あとは早く充電スタンド的なものが欲しい。

|

2010.01.29

HYBRID W-ZERO3

購入して、ディクレのソフトもWindows Mobile6.5対応しました。修正したのは以下のソフトです。

アイデアプロセッサ IdeaTree for CE http://www.dicre.com/soft/itreece.html

カード型データベース TCARD for CE http://www.dicre.com/soft/tcardce.html

今回の6.5は意外にOSの内部的な変更が多いいようですね。リストボックスやツリーなどのコントロールに対応が必要でした。

HYBRID W-ZERO3自体もいろいろカスタマイズしてようやく自分が納得できる環境にしたところです。が、まだまだ使っていない機能もあるので当分楽しめそうですね。

Bluetoothがついていて久々にBluetooth環境を楽しめるのがいいですね。PANは簡単にできましたが、DUN接続では結構苦戦しました。が、なんとかできたのでメモとしてここに書いておきます。新しく接続作って、以下でいけるようです。

ダイヤル番号:*99#
ユーザ名:wcm
パスワード:wcm
モデムの追加コマンド:+CGDCONT=1,"IP","a.willcomcore.jp"

モデムの追加設定は[コントロールパネル]-[システム]の「ハードウェア」のデバイスマネージャのモデム右クリックからプロパティの詳細設定で。

|

2007.12.10

Sitehinaバージョンアップ

ホームページ作成ソフト Sitehinaをバージョンアップ。ページ内リンクでの修正で、ファイル名を付けないアンカーのみのリンクになりました。

なお、以前にページ内リンクを作った場合のhtmlは自動修正しませんので気になる場合にはリンクをクリックして再設定してください。

最近は簡単にタイトル画像(文字画像、ロゴ画像)を作成する機能「タイトルブロック」も機能追加しましたが、その修正も2.03で行っています。

|

Sitehinaバージョンアップ

ホームページ作成ソフト Sitehinaをバージョンアップ。ページ内リンクでの修正で、ファイル名を付けないアンカーのみのリンクになりました。

なお、以前にページ内リンクを作った場合のhtmlは自動修正しませんので気になる場合にはリンクをクリックして再設定してください。

最近は簡単にタイトル画像(文字画像、ロゴ画像)を作成する機能「タイトルブロック」も機能追加しましたが、その修正も2.03で行っています。

|

2007.07.31

アドエスの充電ホルダ購入

Advanced/ W-ZERO3[es] 用卓上充電ホルダを熊本のウィルコムストアで購入してきました。やはりこれは必要。そのままではいちいちゴムを外し、小さいコネクタを挿す必要がありますが、この充電ホルダなら上から置くだけ。ゴムを外したりする必要もあります。楽ですね。

まあ、ActiveSyncしたい場合には、やっぱりUSBを挿さないといけないですが。そういう意味では通常のCE用クレードルには劣ります。でも通常の携帯とは同等ですね。メイン機種として使用し始めてはや10日以上が経ちましたが、すでに違和感なく使ってます。

しかし、今日の熊本・ウィルコムストアはなぜか人が多かった。いつもなら行ってすぐに応対してもらえるのですが、初めて待ちました。なぜか女性客が多かったですね。私の後も続々と女性が・・。熊本にウィルコムの波が来ているのかも。

|

2007.07.19

Advanced/W-ZERO3 [es]購入

Advanced/W-ZERO3 [es]を早速購入。
それにしても小さい。普通の携帯と特に違和感なくポケットに入れて持ち運べるというのはすごいです。
やはりスタイラスがないのが気にはなります。付属のものをストラップには付けていますが、もうちょっとペンっぽいのを探そうかと思っています。でも基本はキー操作で何とかなりそう。難しいことをしようと思ったらペン操作が必要になりますが、指でなんとかしてます(^^;。あとはクレードルが欲しいですね。

購入後はまずはディクレのソフトが動くかどうかを確認。アイデアツリーやTCARD、SelfManager等、まだ少し動かしただけですが問題ないようです。RReadだけ少し問題あり。正しく動作しているのですがHTMLが作成できないエラーメッセージが出たので、これだけ対処しています。思ったよりWindows Mobile6.0の互換性は高そうです。これはほとんどのソフトはそのまま動作すると思って良いのではないかと思います。

|

2007.06.29

アドエス予約

Advanced/W-ZERO3 [es]を予約してきました。
熊本のウィルコムプラザですが、何と朝の段階で初期入荷が全部予約済み・・。しかし、なんとか増えせるということで、初日には来るらしく、予約してきました。

デモ機にもさわってきました。びっくりするぐらいコンパクト。キーボードがついているのを忘れるぐらい。液晶も綺麗ですね。縦長なのでとても広く感じました。重量はやはり感じますが、かなりいい感じです。これは期待以上。

あとはスタイラスですが、意外にスタイラス無しでもそこそこ操作できるかな、という気がしてきました。このあたりはアイデアツリーTCARDもしっかり対応したいと思っています。付属のスタイラスを使ってみましたが予想よりは使える感じ。画面の解像度が高いので今までよりも小さい点を指す必要があるため、ああいう針みたいな感じの方がかえっていいのかもしれません。まあ、必要なときに使うという感じでストラップにつけておけば何とかなりそうに思えました。

デモ機をさわってしまうと、やっぱり早く欲しくなってしまいます。7/19が楽しみです。

|

2007.06.13

やはりAdvanced es購入かな

やっぱり実際に使っている写真を見てしまうと、その小ささに惹かれますね。機種変でデータ定額でないとちょっと高いけど、購入かな。テンキーが使えるという情報もありがたいです。スタイラスはストラップに付けられるしっかりした物を何か探すとして、Bluetoothは外付けで何とかして、と既にいろいろ考えてしまいますね。

まあ、うちのソフトについては、スタイラスがない状態でも操作しやすいように実際使ってみてキーの初期設定などを考えてみたいと思います。

|

2007.06.07

Advanced/W-ZERO3 [es]発表

http://www.sharp.co.jp/ws/011sh/
やはり基本的には es を継承した機種でした。サイズは小さくなっていますが、スタイラスの内蔵が無くなり、ソフトキーも無いようです。画面が広いのはいいですね。

無線LANは802.11b/gがついてますが、Bluetoothは無し。ただしオプションで後で出るとのことなのでUSBホストで使えるのでしょう。あと、赤外線がついてますね。

発売は7月中旬、予約は6/29から。価格は新規34800円(データ定額で29800)、機種変+5000(10ヶ月以上)だそうです。

うーん、スタイラス内蔵で無いのが正直微妙。あと、せっかくIdeaTreeとかソフトキー対応したのになくなったというのも・・。ソフトバンクのももう一回ちゃんと見て何買うか考えます。

|

2007.06.06

Windows Mobile6.0

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0706/06/news050.html
Windows Mobile6.0の概要が発表。3つのEditionのうち、x-wに搭載されるのは、Classic Edition、つまり今までのPocketPCの流れを受け持つタイプとのこと。W-ZERO3後継としてそれほど違和感はないと思います。
とりあえずディクレのソフトについては少なくともWM6 ClassicEditionには対応させます。一応、x-w購入予定ですので。

ソフトバンクのX01TがWM6 ProfessionalEdition、X02HTがStandard Edition。この2機種用のOSはWM5で言うとSmartphone系の流れを引いているということでしょう。より携帯電話的なOSです。特にStandard Editionはタッチパネル無しのOS。これにソフトが対応できるかどうかは現時点ではよく分かりません。

明日はいよいよW-ZERO3後継のx-wの正式発表。楽しみです。

|