« カッティングマシン | トップページ | IISの方がApacheより使われてる »

2004.02.05

電源off時も着信可能なPDA用IP電話ソフト

その昔、私は東芝のGENIOを愛用していた。といってもPocketPCのGENIO eではない。初代GENIO、つまり電話とPDAが一体になった今から考えると驚異のPDAだった。電話としても立派に使えたので便利に使っていたが、ソフトの開発が出来ない(オンラインソフトがない)ことと電子メールソフトが貧弱(メールの削除が一つずつしかできないなど)で泣く泣くGENIOをあきらめ、NTT DocomoのPHS 611SとPalmSize/PC(PocketPCの前身)に移行したのだった。

その初代GENIOのような使い方は現在のPDAでは出来ない。と思っていたらPPPhoneというものが登場したそうだ。今までもPDA+PHSカードで電話が出来るものはいくつか出ていたが、これだと電源OFFでも着信できるので電話的に使える。はずなのだが、なぜか食指が伸びない。

私の今の環境はAir H" Phoneである。これだと電子メールの受信は月500円定額でいくらでも見れるので、外出時にはパソコン用メールを転送してチェックしている。このコストの安さと電話機ならではの手軽さはPDAより便利だったりする。しかも、PDAはPDAで超軽量のiPAQ h1920を使っている。この組み合わせで不便がないので、わざわざPDAで電話しようと思わない。何よりCFつけてでかいのが嫌である。

GENIOはもっとでかかったけど、今はよりスマートに二つの機器で解決しているので特に一つにしようと思わないと言うところだろうか・・。

|

« カッティングマシン | トップページ | IISの方がApacheより使われてる »